老若男女問わず手堅く始める|不動産投資信託を購入する

不動産

人気の背景を知ろう

グラフ

上場不動産投資信託の投資口価格が上昇しています。その背景には安定した分配金が支払われているということ以外に、マイナス金利が導入されたことと、インフレーションが始まったことも挙げられます。しばらくは上場不動産投資信託への資金流入が続くと考えられています。

»詳しくはこちら

資金を移し替えよう

将来のためにお金を増やしたいという方におすすめです!不動産投資信託は初心者の方でも始めやすいですよ。少額資金でも投資できます。

賃貸事業がメインです

マンション

満期を迎えた定期預金や国債があるようならば、そのお金で上場不動産投資信託を持ちましょう。上場不動産投資信託は分配金の支払いが比較的安定しています。これは運用対象がオフィスビルやマンションなどの不動産だからです。しかも、基本的に賃貸事業しか行っていません。大きな損失が出てしまう可能性のある都市開発や、マンション開発などは行っていないのです。これが分配金が安定している理由です。不動産投資というと空室リスクを心配する人も少なからずいます。しかし、上場不動産投資信託の各銘柄は優良物件の情報を持っている不動産会社や企業と強力なパイプラインを持っています。個人の不動産投資レベルとは比較にならないほど、優良物件の情報量が豊富です。

ノウハウがあります

老若男女問わず手堅く始めることができる不動産信託は優良物件を数多く保有しているので、空室をそれほど心配する必要もありません。しかも、日々の運営管理は不動産のプロが行っています。空室になった場合には、どのようにすれば次の入居者が決まるか、さらには賃料を上げて契約をするためには何をすればよいのか、ということを常に考えています。個人が中古ワンルームマンション等の収益物件で不動産投資をするよりも情報もノウハウも持っているのです。最近の分配金利回りは平均で3%半ばとなっています。定期預金や国債と比べると数十倍もの収益力です。また、これからインフレーションが起きる可能性が高いということも考慮すれば、インフレーションに強い上場不動産投資信託はかなりお勧めの投資商品と言えます。

エリア分散を考えよう

マンション

上場不動産投資信託を利用すればエリア分散も簡単にできます。地方にのんびり住みながら、都市部の不動産で運用をするということも上場不動産投資信託を利用すれば手間をかけずに行うことができます。まずは数銘柄保有してみましょう。

»詳しくはこちら

空室の心配はいりません

リビング

上場不動産投資信託を保有すれば空室リスクのストレスから解放されます。上場不動産投資信託は多くの収益物件を保有しているため、一部が空室になっても全体に与える影響はそれほど大きくならない仕組みとなっているのです。

»詳しくはこちら