老若男女問わず手堅く始める|不動産投資信託を購入する

不動産

空室の心配はいりません

資産を入れ替えよう

リビング

中古ワンルームマンション投資をしていて空室に悩んでいるようであれば、一旦、中古ワンルームマンションを手放して投下資金を回収しましょう。そして、中古ワンルームマンションの代わりに上場不動産投資信託に投資をするとよいです。なぜならば、上場不動産投資信託は空室リスクがかなり抑えられているからです。個人が中古ワンルームマンションを買って運用する場合、1戸もしくは2戸といったケースが多いですが、保有戸数が少ないほど、空室リスクは高まります。上場不動産投資信託の場合、マンションでもオフィスビルでも基本的に1棟ごと保有しています。そして多くの入居者やテナントに利用してもらっています。そのため、一部で空室が出たとしても全体からみた影響はそれほど大きくないのです。

収益向上が図られています

しかも、上場不動産投資信託の運用会社は常に保有資産の収益が最大化することを考えています。空室が発生したならば、その空室を埋めるという努力は当然のこと、魅力的な収益物件にするためにリシーリングやリニューアル工事を積極的に行っています。入居希望者を集めるノウハウも蓄積されており、対応が素早いです。上場不動産投資信託を保有すれば、投資主自らが空室に頭を悩ますようなことはありません。気になる収益力は実質利回りベースでは中古ワンルームマンションでの不動産投資と大きな差はありません。そのうえで、中古ワンルームマンションでの不動産投資とは異なり、収入がゼロとなり、持ち出しが発生するという可能性はまずないのです。